ページを選択
第5回ウィナーズカップ(G2)

第5回ウィナーズカップ(G2)

第5回ウィナーズカップ(G2)は、松阪競輪場にて3月25日(木)〜28日(日)の日程で開催された。   今回もまた検車場はシャットアウト。   外に作られたテント付近のみで、感染防止対策を取りながらの取材&撮影になった。   KINGといえば…   成績の関係で連日晴々とした姿をカメラに収めることができず…残念。   雨が強く降ったり突風が吹き荒れたりした開催で、我々撮影陣も疲労困憊気味だったが、時折見せてくれたサービスショットの瞬間でなんとか乗り切れた感じだ。  ...
第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪(G1)

第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪(G1)

第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪(G1)は、川崎競輪場を舞台に2月20日(土)〜23日(火・祝)無観客にて開催された。 まだまだ続く厳しい取材規制(新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より)のため、前検日とレース勝者(3着まで)の撮影タイム時しかKINGの写真は撮れなかった…。 そんな中「そんなのやってる場合じゃないんだよ」と言いながら、2月22日の猫の日に注文した【猫のポーズ】をキッチリやってくれるサービス精神は流石のひとこと! それをトップ画面に持ってくるのはちょっと怒られそうなので、ページをめくってお楽しみください(笑)。...
KEIRIN GP2020(フォト)

KEIRIN GP2020(フォト)

時は2020年12月30日(水)。   年末大一番のドリームマッチ、KEIRINグランプリ2020(GP)が平塚競輪場を舞台に開催された。   そのレースに出場できるのは、年間6開催あるG1(2020年は5開催)の各優勝者か、獲得賞金が9位以内にランキングしているS級選手のみだ。   2019年の王者に輝いたキングも威風堂々と平塚競輪場に現れた。   新型コロナウイルス感染拡大防止の強化によりGPシリーズ全てにおいて競輪祭よりも厳しい取材規制だったが、そんな中で切り取れた瞬間をどうぞ。  ...
第62回朝日新聞社杯競輪祭(G1)

第62回朝日新聞社杯競輪祭(G1)

第62回朝日新聞社杯競輪祭(G1)は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前申込制(福岡県・山口県・大分県・佐賀県・熊本県在住の方のみによる抽選)で当選された方のみという入場制限の中、11月18日(水)〜23日(月・祝)北九州メディアドーム小倉に於いて開催された。   GP出場を賭けた最後の争いが繰り広げられ、ほぼ当確だったキングにとっても決勝戦まで気を緩められない6日間だった(キングは1着・3着・5着・1着)が、取材エリアは以前より緩和されたので、オフショット的なキングもカメラに収めることができた。  ...
第29回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(G1)

第29回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(G1)

入場制限有り(1日の滞留人数が5,000名以内)という条件でお客様をお迎えした第29回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(G1)は、グリーンドーム前橋において10月15日(木)〜18日(金)の日程で行われた。   S級S班9名揃い踏みで争われた初日の理事長杯はGP2019の再演レースとして注目を集めていたが、キングは残念ながら7着で翌日のローズカップに進めなかった…。  ...
第36回共同通信社杯(G2)

第36回共同通信社杯(G2)

9月18日(金)〜21日(月・祝)に伊東温泉競輪場で行われた第36回共同通信社杯(G2)は、無観客ではなかったものの入場者数に制限があり、引き続き取材陣の規制も厳しかった…。 普段の自然な表情は見ることができなかったが、撮影可ゾーンでは持ち前のサービス精神でアピールしてくれた。 中でも、2日目に松浦悠士選手との即席ラインでワンツー(佐藤選手1着)を決めた後のツーショットが印象的な一枚に。 10月の寛仁親王牌では、もっと沢山の「ガハハ!」をカメラに収められることに期待しよう! ← オールスター慎太郎です 寛仁親王牌G1!...